法人向け医療保険とは

法人が加入するがん保険は保険者が企業となり、被保険者が社員となり、この事は、他の法人向け医療保険と同じ仕組みとなっています。
がん保険に加入する目的としては、社員の福利厚生の一環として加入する事は勿論ですが、他にも、企業にとって様々なメリットがあります。
そのメリット言えば、解約返戻金の活用で、退職一時金に活用する等の方法があります。
具体的なメリットとしては、保険金は企業が支払うので、支払った保険金を全額、損金として会計処理ができるので法人税の節税対策となります。
解約返戻金率が個人向けがん保険と比較した場合、非常に高いので退職金準備、事業資金等に活用する事ができます。
社員の癌にたいする備えとする事ができ、癌になって保険金を受け取っても解約返戻金が減らないので福利厚生資金として活用する事ができます。
他にも、仮に経営が赤字となり、がん保険を解約した場合、本来、解約返戻金は雑収入で計上しますが、赤字の場合、赤字に対する収入は、課税対象とはならないので、財務負担を軽減する事ができます。
法人向けがん保険は様々なメリットあるのですが、ただ、社員が退職した場合、法人向けがん保険を解約する事になります。
この場合、退職した方が、個人向けの保険に加入している場合、問題はないのですが、加入していなくて新規に加入する場合は、保険料が高くなる事があります。
この事から、法人向けがん保険に加入しているが、個人向けがん保険に加入していない場合は、保険の見直しを行なうとよいです。
Copyright (C)2018がん保険選ぶなら絶対外せないチェックポイント.All rights reserved.