がんの先進医療とは

癌になった場合、最新の癌治療を行なうのと、従来の方法治療するのでは、治り方が違ってくるので、できる事であれば最新のがん治療を行ないものです。
但し、最新の癌治療の場合、保険対象がなる事が多いので、治療費が高額となる場合があります。
この事から、がん保険に新規に加入する時や保険の見直しを行なう場合は、最新の癌治療とは、どの様な治療を行なうのか、費用はどの位、必要となるのか把握して保険の選ぶ事が大事となります。
がん治療としては、健康保険の適用になる治療を行なう保険治療と、保険の適用外で、病院が自由に治療費設定を行なう自由診療と先進医療と呼ばれる高度な技術で治療する方法があります。
先進医療診療の場合、保険の対象外となり、100%自己負担となります。
但し、がん治療は、治りにくいものなので、費用は高額となりますが、先進医療診療で治療を行ないたいものです。
癌の先進医療の治療費としては、治療費の80%位が陽子線と重粒子線の治療費となっています。
1回あたりの陽子線の治療費は285万円、重粒子線は310万円位となっており、非常に高い治療費となっています。
癌は国民病とも言われており、多くの方が癌になっており、男性の場合2人に1人、女性は3人に1人の割合で癌となり、3人に1人が亡くなると言った恐ろしい病気となっています。
この事から、保険の見直しを行なう場合は先進医療の治療費の事を考慮して、がん保険を選んだり特約を付ける事が大事となります。
Copyright (C)2018がん保険選ぶなら絶対外せないチェックポイント.All rights reserved.