がん保険の給付金

以前の、がん保険は様々な給付金があり、条件によって給付されたり、対象外となって給付されないと言った事がありましたが、最近のがん保険は、様々な見直しがされて、保障も充実しており、保障内容もわかりやすい保険となっているようです。
がん保険の保障内容と一般的な保険の保障内容が重複する事があるので、保険を選ぶ時は、加入している保険の保障内容とがん保険の保障内容を比較して、保障が修復しないように加入する事が大事となります。
がん保険の給付金としては、がん診断給付金、入院手術、通院、療養、死亡給付金等が一般的な給付金となっています。
がん診断給付金は、がんと診断された時に入院の一日目から支払われる保険金で、一般的には日数無制限で、日額1万円位を受け取る事ができます。
入院給付金は、がんと診断された時に支給される一時金で、初回のみ支給されるタイプと複数回に分けて支給されるタイプがあります。
手術給付金は、がんの治療目的で手術した時の手術費用を受け取る事ができます。
退院給付金は、がんで一定期間入院すると受けとる事ができる保険料です。
通院給付金は、がんで一定期間入院し、その治療のために通院した時に受け取る事ができる保険金です。
他にも、がんの診断や治療の際に最新の医療技術に応じて受け取る事ができる高度先端医療給付金や癌で死亡した時の死亡給付金等があります。
この様に、がん保険の給付金には様々なものがあるので、治療費代に活用する事は勿論ですが、癌になった場合、仕事を続ける事が難しくなる事があるので、退院後の生活費用に活用する事ができます。
また、保険を選ぶ時は給付金を比較して選ぶ事も大事となります。
Copyright (C)2018がん保険選ぶなら絶対外せないチェックポイント.All rights reserved.