保険加入時の相談

生命保険会社が外資系の保険会社も含めて50社位あり、また、保険会社毎に様々なタイプの保険があり、特約も様々なので、自分にあった保険を選ぶ事は、難しい状況となっています。
がん保険も同様で、様々な給付金があるので選ぶのは難しい保険となっています。
自分で保険を選ぶ事は難しいので、専門家に相談して選ぶ事が大事となります。
相談する方法としては保険会社の営業マンに相談する事もできますが、他にも、保険の窓口やファイナンシャル・プランナーに相談する方法もあります。
保険の窓口は、最近では、全国に存在する様になっており、保険会社にとらわれず、60社190タイプ以上の幅広い保険の中から保険を選ぶ事ができます。
相談した場合の費用に関しては、各生命保険会社や代理店からコンサルタント手数料や資料請求手数料、広告掲載料を徴収しているので、相談に関する費用は無料となっています。
保険の窓口のメリットは、60社190タイプ以上の保険を比較して、自分にあった保険を見つけてくれる事です。
ファイナンシャル・プランナーは、依頼者より、収支、負債、家族構成、資産状況等から、それを基に住居、教育、老後等の将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行なってくれるので、将来の生活計画に沿った保険を選ぶ事ができます。
ただし、ファイナンシャル・プランナーの場合、相談料に関しては、無料としている所が多い様ですが相談料が必要な事務所もあるので、事前に確認するとよいです。
保険を選ぶ場合、しっかりとして将来の生活設計を行ない、その生活設計に伴なって保険に加入する事も大事なので、ファイナンシャル・プランナーは最も良い相談者と言えそうです。
Copyright (C)2018がん保険選ぶなら絶対外せないチェックポイント.All rights reserved.